amenomukou’s blog

晩御飯とその日飲んだお酒の事をゆる~く更新しています

散策:奈良県明日香村 (甘樫丘)

 
昨年末、NHKで「大化改新」と言うドラマが再放送されました。
 
蘇我入鹿渡部篤郎さんが演じられたドラマです。
岡田准一さんが大好きなわたしはドラマを食い入るように見ました。
あくまでも歴史好きな訳ではありません。
 
岡田准一さんファンの散策です。
 
 
あらすじは
大親友だった蘇我入鹿中臣鎌足ですが、次第に独裁者として朝廷を支配する入鹿と考えが合わなくなった鎌足は、かつての親友入鹿の暗殺を企て「大化改新」への道を開いて行くという内容でした。
(恐ろしく簡単すぎるいい加減な説明ですみません)
 
その、蘇我氏が全盛期のときに建てた邸宅が奈良県明日香村の甘樫丘(あまかしのおか)付近あったようです。
中臣鎌足蘇我入鹿を暗殺した直後、入鹿の父蘇我蝦夷が邸宅を焼き払ったとの説があります。
 
今日は、ドラマを思い出しながら、岡田准一さん、いや中臣鎌足蘇我入鹿も歩いたかも知れない「甘樫丘」を散策して来ました。
 
 
 甘樫丘 

f:id:amenomukou:20210228151602j:plain

 
日本書紀にも記述されてるようです

f:id:amenomukou:20210228150345j:plain

 
「甘樫丘」内はハイキングコースのように綺麗に整備されていました。
このあたりを蘇我入鹿中臣鎌足が歩いたのでしょうか。
 

f:id:amenomukou:20210228150026j:plain

 
展望台へ向かう道
急な坂に見えますが、意外に歩きやすいです! 

f:id:amenomukou:20210228150115j:plain

 

椿の花もちらほら

f:id:amenomukou:20210228150211j:plain

 

 

展望台から見下ろす景色

正面に見えるのは大和三山のひとつ、畝傍山です

f:id:amenomukou:20210301063003j:plain

 

 

 
蘇我入鹿が暗殺された時、入鹿の首が飛んで来たとされる場所が「甘樫丘」の近くにあります。
 
入鹿の首は中臣鎌足を怨み色々な所に飛んで行ったとされています。
やがて、飛んでいただけの首は鎌足に反撃を開始するようになり、この場所で執拗に鎌足を追い回そうとするので、供養のために建てられたという事です。
 

f:id:amenomukou:20210228150309j:plain

首塚は「飛鳥寺」の裏手にありました。
 
菜の花が満開で春を感じされてくれます。
 

f:id:amenomukou:20210228150452j:plain

 
第9番札所 新西国霊場

f:id:amenomukou:20210228170743j:plain

 

わたしの住んでいる近くには歴史の舞台が沢山ありますが、これまでほとんど訪れた事はありませんでした。

 

遠い昔に思いを馳せる・・

そんな時間でした。

 

 

アクセス

甘樫丘

近鉄橿原神宮前駅からバスで9分「甘樫丘」下車

徒歩15分

 

飛鳥寺

近鉄橿原神宮前駅から明日香周遊バスで15分「飛鳥大仏前」下車 3分