amenomukou’s blog

晩御飯とその日飲んだお酒の事をゆる~く更新しています

我が家の横浜あんかけラーメン(サンマー麺)風

 
最近の冷凍食品は美味しくなりましたよねぇ。
特に麺類は最高です。
 
うどんは昔からコシのある冷凍うどん派です。
 
最近はまっている冷凍麺はマルハニチロの「横浜あんかけラーメン」でどこの口コミも高評価で人気の高さが伺えます。

f:id:amenomukou:20210325230758p:plain

近所のスーパーでは本体価格380円で販売されていました。

作り方も簡単で、具も沢山入っていて野菜のシャキシャキした感じが嬉しいです。

麺もつるつるした生麺タイプでスープがよく絡みとても美味しいです。

パッケージの「売上№1」が目を引きますね。

 

「横浜あんかけラーメン」は横浜のソールフードであるサンマーメン」をモデルに
本格的な具材感を表現したラーメンです。
 
いつの頃からか、横浜の中華街で生まれたおいしいあんかけラーメンを「サンマー麺(生碼麺)」と呼ぶようになりました。
ユニークな名前の由来は、具となるもやしを鍋で炒めるとき、馬が威勢よく駆け回るようだからだとか、もともと3種類の具を使っていたからだとか、諸説紛々。その味とこだわりは、あんかけであること。つまり、れっきとした広東風中華をルーツとするラーメンです
 *マルハニチロさんのホームページよりお借りしました。
 
 
あんかけラーメンを家でも作りたい!
 
という事で我が家の「頑張らないあんかけラーメン」をご紹介します。
 
◆材料紹介

f:id:amenomukou:20210325224708j:plain

 
☆材料
 白菜
 人参
 もやし
 チンゲン菜
 きくらげ
 豚肉
 生麺(今回は太麺でやってみました)
 
 
☆調味料 
 オイスターソース
 ヒガシマルラーメンスープ
 牡蠣だし醬油
 みりん
 塩コショウ
 
◆作り方のポイント
 
①頑張らないのでベースのスープは市販のヒガシマルラーメンスープ」の力を借ります。
そこにオイスターソース、みりん、牡蠣醤油で好みの味にします。(普通の醤油でもいい)
スープだけで味見をすると、塩コショウ辛い感じがしますがたっぷりの野菜と絡めるので丁度いい塩梅になります。
 
②時間のタイミングが重要。
麺の湯で時間から逆算して野菜を炒め一気にやり切る!
なので、先にスープは準備してスタンバイしておきます。
麺をゆで始めたら、炒めている野菜に熱々のスープをいれ片栗粉で手早くあんにします。
 
作り方
・大鍋に麺を茹でるためのお湯を沸かす
・スープを作る
・野菜を炒める
・麺を茹でながら、炒めている野菜にスープを投入して水とき片栗粉であんにする。
 
こんな流れです。
 
 
 
こちらがヒガシマルラーメンスープ」

f:id:amenomukou:20210325224744j:plain

 

完成がこちらです

f:id:amenomukou:20210325224636j:plain

手軽にできて美味しいけど頑張らないあんかけラーメン。(市販のスープの力)
 
食べる直前に牡蠣だし醤油を少し入れると、醬油のいい香りが際立ってとても美味しいです。
また、塩コショウで食べたり、少しだけお酢をたらしたりと味変も楽しいです。
安く、お手軽に美味しく。
 
ご馳走様でした。
 

 

 

  

 また来て頂けると励みになります。