amenomukou’s blog

一杯の晩酌で幸せ気分!その日のお酒や夕食を書いているゆるいブログです。

<

日本酒 パック酒の概念を変えたお酒 菊正宗しぼりたてギンパックと純米キンパック

 

 

いつもお越し頂きありがとうございます。

このブログは晩酌大好きな主婦が、毎日のお酒と晩御飯の事、そして日常の事などをゆる~く書いております。

決して豪華なものは出て来ませんがぜひお付き合い頂けると嬉しいです。

 

さて、今日は日本酒です!

 

「菊正宗 しぼりたて純米キンパック」 900mlパック 税込856円

味わいはやや端麗のやや辛口

 

f:id:amenomukou:20210625222244j:plain

 

特許酵母の力が引き出す「ほとばしるような」芳香を、低温貯蔵による驚きの「フレッシュ感」と共にパック詰めしました。キリっと冷やせば、スッキリとした飲み口に加え純米酒らしい豊な旨味と、まるで大吟醸のような「華やかな香り」が立ち上がります。これまでになかった新しい日常酒の楽しみ方が広がります。

菊正酒造ホームページより

 

パック酒とは思えない芳醇な香りとコクのある旨味がなんとも言えません。 

 美味しいです! 

IWC2020 SAKE〈純米酒〉部門 GOLDメダル受賞酒でした。


f:id:amenomukou:20210625234118j:image

パック酒って、勝手なイメージですがお酒大好きなおじさんが沢山飲むために買っていると言った印象だったのですがこれは違いますね。

 

ワイングラスで飲みたいようなお酒です。

 

今回、なぜこの「菊正宗 しぼりたて純米キンパック」を購入したのかと言うと、先に発売されていた「菊正宗 しぼりたてギンパック」がとても美味しくてたまに購入していたからなんです。

「菊正宗 しぼりたてギンパック」も独自の酵母を使った、大吟醸のようなフルーティな香りのお酒でパック酒の概念を覆したとも言われるお酒なんですよね。

 

数年前、普通酒官能検査で名だたる銘酒(瓶含む)をおさえ最高金賞を受賞した事があると聞きました。

官能検査はもちろん銘柄を伏せて行う検査で非常に信憑性のある検査らしいです。

パックにこだわっている所が菊正酒造さんの本気度が伺えますね。

 

何度も言いますがホント香りが素晴らしいです。

 

パック酒の価格で最高金賞の味わいですから、もうこれで決まりでしょうという感じです。

そんな「ギンパック」を知っているので「菊正宗 しぼりたて純米キンパック」が美味しくないわけがないんです。ほんとおすすめです!

 

スッキリタイプの「ギンパック」、まろやかなコクと香りを楽しむ時は「キンパック」ですね。

 

 

そして本日のお酒のあては牛肉とピーマンのオイスターソース炒めです。

f:id:amenomukou:20210625222134j:image

 ちょっとこってりメニューにしてしまったので、合わせるとしたら「ギンパック」だったかも知れません。

 


◆日本酒の効能

日本酒の最大の特徴でもあり、その原料にもなっている米麹は、その醸造の段階で「コウジ酸」という成分を生み出します。このコウジ酸は、シミやソバカスを作り出してしまうメラニン色素の生成を抑制する働きや、肌のきめを細かくし透明感を高める効用があり、こうしたことから、このコウジ酸を利用し、化粧品としてその成分を使用しているものも数多くあります。

 

そういえば菊正酒造さんも日本酒の化粧水を出しておられますよね。

日本酒パックもあったりします。

 

日本酒は飲んでよし、お肌につけてもよし!

こぼした日本酒で手指のスキンケアもいいかもです。

 

 日本酒で美容と健康を!

 

本日もお越し頂きありがとうございます。