amenomukou’s blog

一杯の晩酌で幸せ気分!その日のお酒や夕食を書いているゆるいブログです。

<

熱中症警戒アラートと「冷やし甘酒」

 

こんにちは。

 

今日も厳しい暑さでしたね。

全国で最も暑かった山梨県勝沼では体温並みの37.9℃を観測。「熱中症警戒アラート」がこれまでで最多となる23府県に発表され、東京消防庁管内では24人が熱中症の疑いで搬送されました。(7月20日午後1時時点)

  (*日テレNEWS 24 より)

 

www.wbgt.env.go.jp

 

熱中症ってなかなか自分では気が付かず、急激に具合が悪くなったりしますよね。

わたしも数年前、家の中で汗をかきかき掃除をしていたら、急に目の前が真っ暗になり意識が飛んでしまった事があります。

意識が戻ってからも吐き気がして随分苦しい思いをしました。

二度とあんな辛い事にはなりたくないです。 

                                                                                                             f:id:amenomukou:20210720233119p:plain 

あれ以来、我が家の冷蔵庫には「経口補水液 500ml」をお守り変わりに1本入れています。

                          

が、こんな事言ってはいけませんが・・                             

 

経口補水液」ってあんまり美味しくないですよね。                                    

命を守るものだから仕方ないですけど。

 

熱中症こわいです・・

 

f:id:amenomukou:20210721000930p:plain

  

そこでおすすめなのが甘酒です!

前回も記事にしたのでしつこいようですが、「転ばぬ先の杖」!

 

環境省の「熱中症環境保健マニュアル2018」にて、熱中症対策として「100mlあたり40~80mgのナトリウムが含まれる」飲料を口にするのが良いとされています。

甘酒には100mlあたり60mlのナトリウムが含まれているので、熱中症予防には適した飲料といえます。


甘酒は優れた食品で便秘改善、美肌効果など色々ありますが、とにかく今は「命を守る」ためにおすすめです。

それで、美肌効果とか実感できると二度美味しい感じですよね。

 

飲みかた

  • 一日の適量: 約200ml
  • 飲む時間 : 朝、しっかり栄養を取って一日を過ごす
  • 飲み方  : 冷やすと飲みやすいです
  • おすすめの甘酒: 米麹の甘酒。       ノンアルコールでこどもさんも、妊婦さんも大丈夫ですから。 

 

食欲がない時でも、甘酒をゆっくりと飲んでみましょう。

 

米麹の甘酒には約20%のブドウ糖が含まれ、オリゴ糖や食物繊維・ビタミンB群などが豊富に含まれています。

甘酒は「飲む点滴」といわれるほど栄養が豊富ですから。

 
                                  

 わたしは氷を入れて、少し炭酸を足して飲むのが好きです。

スッキリして美味しいですよ。

 

 〈甘酒の炭酸割り〉
f:id:amenomukou:20210720221929j:image

 

 

〈甘酒シャーベット〉
f:id:amenomukou:20210720214002j:image
 

甘酒シャーベットは風呂上りに一つ、口に入れます。

アイスクリーム変わりですね。

こちらは製氷皿で凍らせただけですが、なかなかイケます!

 

 

 まだまだ、夏は始まったばかりです!

美味しく、夏を乗り切りましょう!

 

 

本日もお越し頂きありがとうございます。

それではまた。